イントラムロス Intramuros
マニラ最大の観光スポット。1571年に初代総督レガスピが外敵の侵入を防ぐために建造した城砦都市跡がイントラムロス。外壁が全長4.5km、内面積およそ64haのイントラムロスはスペイン語で「壁に囲われた街」という意味で、スペイン統治時代の面影をいまに色濃く残す。北にあるサンチャゴ要塞と、南のカーサマニラ周辺にに見どころが集まっている。