フィリピンへのお土産 新アジアンリゾート・フィリピン
・フィリピンで携帯電話を使う
・フィリピンへの送金の仕方
・フィリピンへの荷物の送り方
・フィリピンへの喜ばれるお土産
・フィリピンのお土産
・日本フィリピン間の電話の掛け方
・フィリピンでのインターネット

■基本的な国際電話の掛け方

国際電話のかけ方
  • 国際電話識別番号というのは「これは国際電話です」と認識してもらう番号で国ごとに番号が違う。日本からかける場合は「010」フィリピンからは「00」となります。
  • 国番号は日本は「81」フィリピンは「63」。
  • 日本もフィリピンも市外局番の最初の「0」を取る。携帯電話の場合も同様に「090」なら「90」「080」なら「80」となる。国によって0をとるかとらないかは変わる。

日本とフィリピン間の電話のかけ方

日本からフィリピンへの国際電話のかけ方、フィリピンから日本への国際電話のかけ方



【日本からフィリピンへの電話の掛け方】

00xx (※1) - 010 (国際電話識別番号) - 63 (フィリピンの国番号) - 最初の0を除いた市外局番 - xxxx - xxxx (相手先の電話番号)
※1 国際電話サービスの事業者識別番号。次のいずれかを入れる。マイライン登録済の固定電話や、ウィルコムでは不要。
001 KDDI (固定電話)
0033 NTTコミュニケーションズ
0061 ソフトバンクテレコム
0046 ソフトバンクモバイル
005345 au
009130 NTTドコモ

【フィリピンから日本屁の電話の掛け方】

00 (国際電話識別番号) - 81 (日本の国番号) - xx (0を除いた市外局番 ※1) - xxxx - xxxx (相手先の電話番号)
※1 東京なら3、携帯電話なら90または80。

 

 

■フィリピンで携帯電話を持ったときの注意

前記した通り、携帯電話で日本と大きく違う点は、端末には交換可能なチップが入っており、これを交換することにより電話番号が簡単に変えることができる。そこで問題が起きる。強盗である。強盗の第一の目的はお金、次に携帯電話となる。携帯電話は高価で、電話番号が変えられるので手に入れた後他人に転売するのである。現地で携帯電話を買った場合にはぜひ注意を。
具体的に言うと、首からぶら下げたりするようなことはしないで、必ず服の中に入れて他人から見えないようにしておく。

 

国際電話番号に付いている「プラス(+)」記号について
このプラス記号って何?

電話番号の表記が下記のようになっている場合があります。
+63-2567-890

最初のプラス+記号の意味は「国際電話識別番号を入力してください」という意味です。国際電話識別番号は発信する国によって異なるため、例えば名刺を作った場合国ごとに国際電話式別番号を表記しなくては行けなくなりますがそれは不可能ですね。そのため共通の表記としてプラス記号を使用するのです。(途中のマイナス記号(-)は単なる見やすくするための区切りですので意味はありません。)

便利なことに最近の携帯は国際電話識別番号」を入力しなくても,このプラス記号を先頭につけることで自動的に国際電話を発信してくれます。
プラス(+)記号呼出 → 63-2567-890 → 発信 となります。

日本の携帯電話もこの機能を持っている機種があります。また日本の携帯電話を海外で使用した場合にもこの機能を使えるものがあります。プラス記号呼出操作は機種によって異なりますので携帯のマニュアルで確認してください。