PAGE TOP ↑
  • フィリピンの2017年聖週間(移動祝祭日)が始まります

    2017/03/24  Category:フィリピン国内Comment : 0

    フィリピン 2017年の聖週間 Holy Week
    4/13(木)~4/16(日)

    4月13日(木) 聖木曜日   =ホーリーサーズデイ(最後の晩餐の日)
    4月14日(金) 聖金曜日   =グッドフライデイ (キリスト処刑の日)
    4月15日(土) 聖土曜日   =ブラックサタデー (喪に服す日)
    4月16日(日) イースター  =イースターサンデイ(復活祭)

     

    国民の80%以上がカトリック信者であるフィリピンでは毎年3月から4月に巡ってくる聖週間は大変大切な期間となります。イースター(復活祭)は春分が過ぎた後の最初の満月後の日曜日と決まっているため、聖週間は移動祝祭日になります。
    イースターの前の日曜日は枝の主日と呼ばれ、この日から聖週間は始まります。
    聖週間のメインの日は以下のようになっています。

     

    イースターエッグ

    聖木曜日のミサは最後の晩餐のミサとも呼ばれ、特別な儀礼が執り行われます。その夜は明け方まで聖体礼拝が行われます。
    聖金曜日が聖週間のメインイベントです。キリストが十字架で受難の死を遂げたとされるこの日に教会でキリストの言葉が朗読されます。
    聖土曜日の深夜から朝方にはキリストの復活を祝うミサが行われます。
    イースターである聖日曜日はキリストの復活を祝うために家族で集まりご馳走を食べます。

    キリスト教は1度死んだとされるキリストが復活したことで信仰の対象になりました。したがってイースターは最も重要な行事となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


1 / 11