PAGE TOP ↑
  • 2017年2/1から航空会社各社燃油サーチャージを復活

    2017/02/02  Category:フライトComment : 0

    全日空(ANA)と日本航空(JAL)は、国際線の燃油サーチャージを2017年2月1日発券分より、全路線で徴収を開始する。

     

    日本発旅程では、韓国・極東線は片道200円、中国・台湾・香港・マカオ線は同500円、グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム・サイパン線は同1,000円、タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア線は同1,500円、インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ線は同2,000円、ハワイを除く北米・ヨーロッパ・中東・オセアニア線は同3,500円を徴収する。またフィリピン航空(PAL)の日本フィリピン路線も同様となります。

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA